あなたのここちぃぃ場所はどこですか?

やらなきゃ損!実は簡単!「ふるさと納税」のやることたったの「5つ」だけ!

やらなきゃ損!実は簡単!「ふるさと納税」のやることたったの「5つ」だけ!

今年も早いもので、もうすぐ11月に入ります。
本当あっという間です!

年末に向けて、仕事に、イベントに忙しくなると思います!

そして、年に一度の締めとして源泉徴収、確定申告なども待ち構えていますね。

今日は、毎年利用者が増加!お得に納税!「ふるさと納税」について触れていきたいと思います。

大切なお金を、得しながら税金を納付できる「ふるさと納税」
「まだやっってないよ~」って方は特に最後まで読んでくださいね(^O^)

実はちぃたんも去年やろうとして「めんどくさいな~」とやらなかったのですが・・・

今年はやります!即行動!

下のアンケートで

「3.利用してみたいけど、まだ行動できていません」

「4.利用したいけど手続きがめんどくさい」

にチェックを入れた方は、これを期に一緒に今年から「ふるさと納税」をやりましょう~!

ちなみにちぃたんは「さとふる」で申込みました!

 

 

そもそも、ふるさと納税はなぜ作られたのか?

「今は都会に住んでいるけれど、自分が育ってきた「ふるさと」に自分の意志でいくらかでも納税できる制度があってもいいのではないか?」

そんな思いから数多くの議論や検討を経て生まれたのがふるさと納税制度です。

 

地方で生まれ育ち、今は都会で生活している方は多くいると思います。

都会で暮らし、仕事をしていると住んでいる自治体に税金を納めることになります。

しかし、自分を育ててくれた、支えてくれた、一人前にしてくれたふるさとへ税制を通じて貢献できないだろうか。

そうして生まれた「ふるさと納税」。

いまでは名も知れてきて、年々利用者が増えています。

ふるさと納税とは?

「ふるさと納税」とは、税金という言葉が付いていますが、実際は都道府県、市区町村への「寄付」となります。

自分の選んだ自治体に寄付(ふるさと納税)を行った場合に、寄付額のうち2,000円を超える部分について

所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です。(一定の上限あり)

この控除、今までは確定申告が必要だったのですが、2015年4月1日より確定申告不要な給与所得者等は

ふるさと納税先の自治体数が5団体以内であれば、ふるさと増税を行った各自治体に申請するだけで確定申告が不要になる!!!

という「ふるさと納税ワンストップ特例制度」ができ、より手軽に利用できるようになりました!

確定申告行くのは面倒・・・と思っていたあなたも、これなら手軽に利用できちゃいますよね(*´∀`)ノ

要するに、ふるさと納税を利用すると自己負担2,000円のみで日本各地の市区町村からお礼を貰えちゃうよってことなんです。

ただし、気をつけて欲しい点があります!

人によって寄付可能な上限金額があるってことです。

上限金額を超えてしまうとその分は自腹になってしまうので、

「自分がいくらまで納税可能なのか」をしっかりと把握する必要があります。

後ほど紹介するシュミレーションで納付可能額を確認し、上限ギリギリまで納税しないようにしましょう。

 

ふるさと納税は実は簡単!5つのステップで簡単に寄付できる!

1.自分がいくらまで納税可能なのかを調べる

2.調べた納税可能額のなかで、好きな返礼品を選ぶ

3.自治体に寄付をする

4.返礼品が届く(控除証明書は別にとどきます)

5税金が減額される(確定申告やワンストップ特例制度で自治体に書類返送する)

1.自分がいくらまで納税可能なのかを調べる

下記のシュミレーションで簡単に納付額の目安を調べることができます。

◆控除額シミュレーション
https://www.satofull.jp/static/calculation01.php

簡単シュミレーションと詳細シュミレーションがありますが、こちらはあくまでも目安になりますので、

本当に詳細を知りたい方は税理士等に確認する方が安心です。

 

2.調べた納税可能額のなかで、好きな返礼品を選ぶ

現在では、お肉、お米、魚介類、フルーツ、お菓子などの生活に助かる様々な食品から、掃除機やコーヒーメーカー、加湿器、パソコンなど

え?こんなものまでもらえるの???というくらい選べる商品の種類が豊富になっています。

様々な「ふるさと納税サイト」がありますが、ちぃたんがおすすめするサイトはこちら↓↓↓

さとふる

さとふる
応援したい自治体や特産品情報をすぐに探すことができ、ふるさと納税の申込みを簡単な手続きで行えるので
初心者の方も安心してふるさと納税が出来ます。

★さとふるの魅力★

魅力1:マイページで配送時期と配送状況がわかる。
魅力2:さとふるが配送管理しているため返礼品の到着が早い。(最短1週間)
魅力3:せっかくの寄付ならみんなの評判をチェック。お礼品レビューが豊富。
魅力4:プレゼントキャンペーンがいっぱい!

食べ盛りな我が家はハンバーグで決まりですヽ(*´∀`)ノ笑

 

・楽天ふるさと納税

楽天ユーザーにはうれしいクレジットカードのポイントもつきます。

 

3.自治体に寄付をする

さっそく寄付していきましょう~。

「寄付を申し込む」をクリックして個人情報詳細を入力するだけで完了です。

「購入する」ボタンをクリックして買い物完了~と同じ作業ですね!

なんて便利な時代になったのでしょう・・・

また、クレジットカード払いだとポイントもたまりますので、クレジットカード払いがオススメです。

また、ふるさと納税の納税期限は、各年の12月31日になります。

ギリギリの納付の場合は銀行振込や郵便振替等間に合わないので、

クレジットカードでお支払いとなります。

銀行振込や郵便振替等で支払いたい!という方は余裕をもって行動してくださいね(´∀`)

 

4.返礼品が届く(控除証明書は別にとどきます)

頼んだものによって送られてくる時期が異なります。

通常1~4週間程度で送られてくることが多いですが、人気商品や家電、フルーツ等は数ヶ月かかったということも

ありますので各自治体に確認してみるといいかもしれません。

また、配送日指定できる自治体と、配送日を指定できない自治体があります。

一人暮らしの方で受け取れない、長期出張で受け取れないってかたは配送先を別の場所に指定して

実家や友人に預かってもらうのも手ですね。

あとは最近、駅やドラッグストアなど、宅配BOXが設置されていたり

コンビニ受け取りも可能となっている運送会社が多いので、そちらを利用するのもストレスなく受け取れますね。

 

5.税金が減額される(確定申告やワンストップ特例制度で自治体に書類返送する)

さて、商品も受け取ったし、大満足~ヽ(*´∀`)ノ

ちょっと待ってくださいね!最後の一作業を忘れずに~

納税したぶんの税金を減額してもらう作業を忘れずにしてくださいね!

①毎年確定申告している人

毎年確定申告しているよって方は簡単です。

ふるさと納税をした自治体から「寄付証明書(控除証明書)」が送られてきますので

それを持参して確定申告時に申告するだけです!複数あるかたはまとめて申告可能です。

 

②ワンストップ特例制度を利用する

ワンストップ特例制度とは、簡単に言うと

「確定申告をしなくともふるさと納税の寄付金控除を受けられる仕組み」です。

「控除証明書」と一緒にワンストップ特例制度の書類も同梱されていることがほとんどで

その書類に必要な情報を記載し、本人確認書類のコピーを返送する流れになります。

この簡単な作業をすだけで確定申告に行かず、会社員の方も「ふるさと納税」できてしまうっていう

すてきな制度なんです(*゚▽゚*)

ただし、年間5自治体までの寄付が条件となります。

6自治体以上の寄付を希望する場合は、確定申告を行ってくださいね(^O^)

 

そんなことは何もない!ふるさと納税を利用して

自治体は潤い、私たちはお得にお肉やお米、家電などの特産品をもらおう~!

 

さとふる

さとふる

この記事いいな♡と思ったら下のボタンを押してくださいね!あなたのクリックで元気がでます!
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村